Q22.私は専門学生です。仲のいい友達がいてその子はいろんな悩みを持っていて私は話を聞いてあげたりしています。その子に最近距離感をすごく感じてしまっていて自分が何かしたかすごくいますごく葛藤しています。自分の中で。あることを私の発案で二人で企画したんです。私がいろいろ調べたりしてその子はそういうのが得意じゃないからって何もしていなっかたんです。でもやっぱり私はその子といろいろ考えたかったから少し相談したんです。それからかなんだか不機嫌というか態度には現れていないんですけどいつも携帯いじってたり…なんだか私といるのが彼女の方も距離を感じての行動のように思えるんです。やっぱり企画するのは私がやっていればよかったのか…すごく分からないです。いろいろ悩んでいるのか、何かあったの?と聞いてもないよって返ってくるし…。すごく苦しくて一人で泣いてなんにも解決されずにいて…クリスチャンできっと神様が解決の道を教えてくれると祈っても心がずっと曇ってて…。最近は私もなんだか明るくしようとしてもその子からはマイナスな発言だったりが返ってくるので。どうすればいいですか?(18歳 女性)

大切な友だちほど、人生で大きな宝はありません。

大切に思っているからこそ、相手の反応を見たら不安になるものだよね。

120円のジュースを買ったら120円分のジュースが必ず手に入る。

でも、100%の愛情を与えても、100%の愛情が返ってくるとは限りません。

僕もそれですごく辛いときがありました。そんな時、僕に力をくれた言葉を贈ります。





人は不合理、非論理、利己的です。

気にすることなく、人を愛しなさい。



あなたが善を行なうと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。

気にすることなく、善を行ないなさい。



目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。

気にすることなく、やり遂げなさい。



善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。

気にすることなく、し続けなさい。



あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう。

気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい 。



あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。

気にすることなく、作り続けなさい。



助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。

気にすることなく、助け続けなさい 。



あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。

蹴り返されるかも知れません。



でも気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。



なぜなら実は最初から相手のためにしたのではなく、

あなたは神様のためにしたのだから。



マザーテレサ ~インドで多くの孤児を助けたクリスチャン~





大切な友だちを大切にし続けてください。

愛したい友だちを愛し続けてください。

きっと後悔することはないから。

僕もそうしたいと思います。

Q21.私は中学1年生の時に母親を亡くしました。父親の顔を今までみた事がありません。私には身内が居ないので 友達の家で暮らしています。毎日、毎日お酒とタバコの生活。私には何も誇れるモノがありません。これからの道が不安で仕方がないです。何度も何度もくじけそうになります。(15歳 女性)

メールくれてありがとう。

僕が到底知ることも、予想することもできないくらいの悲しみ、寂しさ、

怒り、悔しさ、色んな思いを心に抱いてるんだと思う。

今日を生きてくれているだろうか。

周りに手を差し伸べてくれる人はいるんだろうか。

正直、すごく心配です。



あなたの祝福を祈りながら、長くなるかもしれないけど、
ある子の話しをさせてほしいと思う。



ある女の子の話し。その子は3歳の時に目の病気になってしまった。5歳のときにはほとんど視力はなくなっていたそうだ。家はすごく貧しかった。9歳のときにお母さんを病気で亡くすんだ。お父さんはというとアルコール依存症で家庭の責任を放棄した。唯一の弟も結核という病気だった。弟と一緒に親族の家を転々とさせられ、10歳のときに施設に入れられることになる。だけど弟はその施設で死んでしまうんだ。天涯孤独になり、目の病気もさらに悪くなり、緊急型精神分裂病という精神病にかかった彼女は精神病棟に入れられる。一番奥の、日もあたらない病棟に閉鎖され、みるみる生きる力を失っていった。食べる気力もなく、ただ死ぬのを待つばかりだった。

その病棟に1人のお掃除おばちゃんがいた。おばちゃんはご飯が配給されても全く食べようとしない彼女をみて「こんなに若いのにもう生きる気力をなくして、どうしたんだろう」と心配に思ったんだんだって。おばちゃんは一つのことを始めたんだ。毎日、その掃除用のほうきで、彼女をチョンチョンってつつきながら「大丈夫かい?ご飯食べなさい。元気がでるよ。」って声をかけ始めた。それから毎日声をかけたんだって。声をかけても返事はない。2日たっても、3日たっても変らない。でも、4日たったときに、少しだけ食べた形跡があったんだ。それからおばちゃんはさらに「あなたのこと見守ってるよ。見捨てないよ。応援してるよ。」って声をかけ続けた。1ヶ月たち、2ヶ月たち、半年がたち、1年がたった。おばちゃんは決してその病気で生きる気力を無くした女の子を見捨てずにほうきでチョンチョンってつつきながら声をかけ続けたんだ。実は、そんな彼女は14歳のときに病院を出て、学校へいくことになるんだ。生きる希望を取り戻して、もう一度人生を歩みはじめたんだ。彼女が20歳になったとき、ある目と耳が不自由な子供の家庭教師をすることになるんだ。その子の生徒の名前はヘレンケラー。つまりその生きる力を無くして死ぬばかりだった女の子はサリバン先生だったんだ。

聞いたことあるかな?ヘレンケラーは世界中が知る奇跡の人だ。でも、ヘレンケラー以上に評価されている「もっとも素晴らしい教育者」と絶賛されているのがこのアン・サリバンという人だったんだ。彼女は特別な訓練を受けた人じゃない。家庭の温かさなど知らずに育った子だった。むしろサリバン先生はかつて、病気で、生きる気力も全くない、なにも誇るものなど無い子だった。でも、お掃除おばちゃんという「決して見捨てない存在」に出会ったことで彼女の人生は変わったんだ。



一つだけ知ってほしいことがあります。

俺たちにもその「決して見捨てない存在」がいるってこと。



「わたしは決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない。」ヘブル13:5



あなたがどんな状況、環境にいるかではなく、今どんな姿になっているかも関係ない。
あなたの存在そのものを見捨てたりしない神様がいること、俺は命をかけて保証します。
俺の人生はこの存在を知って本当に変えられた。どうか心を開いてほしい。
最後でもいいから信頼してほしい。あなたは愛されています。
希望に満ちて生きていく人生を与えてくれます。

いつでもメールください。
ミチヤ牧師に質問しよう

名前:
メール:
性別と年齢:
本文:

リンク
twitter
Facebook
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
QRコード
QR