Q41.もうすぐ受験する中3です。僕は声優を目指して頑張っています。この前のどの調子が悪くなり、母に「睡眠不足」といわれ、のどうがいをその日から始めました。でもある日、いつもどおりに生活していたら母に「なんでこんな遅くまで起きてるの!」と怒られました。時間は12時だったのでまだ大丈夫と思い、起きていました。でも母は夜遅くなのに大声で怒ってきました。僕は必死に「夜だから静かにして」と言ったのですが、「関係ない!」と言ってきました。そのとき、大好きだったカードゲームを乱暴に扱われ、ゴミ箱に捨てられました。正直いらっときました。今度、受験後にカードゲームの大会があるのでさらにいらっときました。カードの気持ちになれよ!とその時思いました。さらにその時敷いていたマウスパッドで思いっきり頭をぶっ叩かれました。その日以来、母とは一言も話していません。正直、僕の心では謝りたいのですが、母の僕への態度が変わったのでなかなか言えません。もういっそのこと、家を出たいと思っています。それかもう虐待してきたと警察に言いたいです。 もう自分でもどうすればいいのか分かりません。どうかこの問題の解決策を教えてください。テツヤ(仮名)15歳 男

テツヤくん

受験のプレッシャーもあるでしょう。喉の具合は大丈夫かな?
はやく喉も良くなって、夢にむかって前進していけますように。

お母さんとは今も話していないのかな。
大切にしていたカードを乱暴に扱われてショックだったし、腹も立ったでしょう。

でも、ひとつ覚えていてほしいのは、
テツヤくんがカードを大切にしているように、いやそれ以上に、
お母さんはテツヤくんを大切にしているということです。

「マウスパッドで叩いたじゃん!」って思うかもしれない。
でも、愛は優しく受け入れることだけじゃありません。
愛はときに厳しく、訓練することです。
なぜなら、テツヤくんが成長していくこと、
そして夢のためにも健康でいることをお母さんは望んでいるからです。
そのためなら感情的になることもあるでしょう。
でも、お母さんがしたことはテツヤくんのためであったことを忘れないでください。

カードはまた買いなおすことができるかもしれません。
でも、テツヤくんの夢と健康は、簡単に取り戻せるものではありません。
勇気をだして話してかけてみてください。
家出して問題から逃げるのではなく、向き合ってみてください。
意地をはる男ではなく、謝れる男になってください。
応援しています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

この回答にはイマイチ共感できません。
母親も一人の人間です。恐らく、イライラしていた、テツヤ君に八つ当たりしたくなるような問題が起きていた、情緒不安定な状態にあった、と考えるのが現実的です。
もちろん、夢を追うテツヤ君を想う気持ちから、愛があることは伺えますが、この回答からは「母親の感情的な行動に従いなさい、それも愛なのだから」としか受け取れません。
これではテツヤ君は自分の気持ちを我慢することになってしまうのではないでしょうか。
母親もテツヤ君も、お互いが許し合い、気持ちを共有するために、もっと具体的なアドバイスをされたほうがいいのでは、と感じました。
例えば、母親にとって12時が遅いと感じるのであれば、何時までに布団に入る努力をすればよいのか話し合ったり、どうしてその日は12時に怒ったのか聞いたり、マウスパッドで殴られたことは悲しかったと伝えること。
言葉でなくても、手紙でもいいと思います。
ミチヤ先生の言う通り、母親に愛があると言えるなら、受け止めてくれるはずだから。
ミチヤ牧師に質問しよう

名前:
メール:
性別と年齢:
本文:

リンク
twitter
Facebook
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
QRコード
QR