FC2ブログ

Q57.ミチヤさん こんばんはあやみと申します 早速悩みなのですが 最近家族内での中がギクシャクしてる気がします 父親は医者で帰りが遅く 母親は専業主婦 姉は看護師 自分が学生という家族構成です 母親がほぼ毎日疲れていて 母親が疲れている顔を見るだけでも辛く それに加え 姉の暴言や陰湿な嫌がらせが続いています 母親と父親が喧嘩して出ていくのはしょっちゅう 自分も喧嘩しているところを見ていると辛いです でも自分が何をすればいいのかわかりません ミチヤさん どうすればいいのでしょうか? もう限界に近いです お願いします

あやみさん、

メールありがとう。
家族が争っている声を聞くだけで、心が傷みますよね。。
お母さんの辛そうな顔を見るだけで、自分も苦しくなる。。

家族だからこそ、傷つけあってしまいます。
近い関係だからこそ、切っても切れない関係だからこそ、
無傷でいることはできません。

でもその傷も、
家族だからこそ、
大切だからこそ、
愛しているからこそ、ついた跡だと思います。

今の季節は氷河期かもしれませんが、
冷たい氷のような思いも溶ける時が必ずくること、
信じて祈っています。

自分が何をすればいいのか。

そう考えているだけで、とても家族思いなのが伝わってきます。
何もできないことがもどかしいかもしれません。

でも、あやみさんまで疲れ果てて、
倒れてしまうことを望んでいる家族はいないんじゃないでしょうか。

あなたが今日を笑顔で過ごしていること
あやみさんが自分の道をしっかり歩み続けていること
それが、お父さんやお母さんも願っていることじゃないでしょうか。

距離を置かないと自分が駄目になってしまいそうなら、
しばらく距離を置くのも親不孝ではありませんよ。
家族でいるために距離をとる。そんな時期があっていいと僕は思います。

家族ひとりひとりが向き合わないといけない
自分自身の課題があると思います。
そこにはあやみさんが介入できる限界もあると思いますよ。

それでも家族のために何かしたい。

お母さんの気持ちを聞くことができるなら、大きな慰めになります。
共感してくれる家族がひとりいるだけで、大きな力です。
一緒に食卓を囲むこと。一緒に映画を見たり、買い物にいくのもいいでしょう。

お父さんには手紙で思いを綴るのはどうでしょうか。
解決方法よりも綴られた「さくらさんの苦しんでいる気持ち」はお父さんにとって無視できない現実です。
文字にされた気持ちは、男性に伝わることが多いです。

お姉さんにとって、もしかしたら家が外で受けているストレスのはけ口なのかもしれませんね。。
お姉さんが耳を傾ける存在はいないでしょうか。
あやみさんが言っても聞かないのであれば、お父さん、もしくは、家族以外の第三者。
その人から自分の暴言や嫌がらせがどれだけ家族を苦しめているのか、伝えてもらうのもひとつです。

どんな家族にも、危機は必ず訪れます。
でも、乗り越えていくのが家族だと、僕は思っています。
ただただ、耐えなければいけないときもあるでしょう。
でも、どんなことがあってもさくらさんにとっての家族は彼らだけ。

今日も家族が守られるように祈っています。

「愛は多くの罪を覆う」

聖書の言葉です。

聖書のなかにノアというお父さんが出てきます。
あの「ノアの方舟」のノアですね。
彼はある日、お酒に酔っ払って、泥酔し、裸になって醜態をさらしたことがありました。
そのとき、3人いた子どもたちは2種類の反応をしました。
1人はその姿を見た時そとにでていって「父さんがひどいことになっている!」と告げました。
でも、残りの2人は着物をとって自分たちの肩にかけ、後ろ向きに歩いていき、父の裸を覆ったというんです。
二人は顔をそむけたままで、父の裸を見なかったと。

家族だからこそ、近い関係だからこそ、
弱さとか
もろさとか
欠けている部分が見えてきます。

でも、「愛は多くの罪を覆う」
この2人の息子が、それを外で批判しなかったどころか、
自分の視界にも入れないで
服で覆ってあげたように

僕も家族のほつれている部分を覆ってあげる存在でありたいなと思います。
僕自身も、たくさん覆われてきたと思います。

どんな家族でも
愛すべき家族。

選んだ家族ではなく、与えられた家族。

きっと笑顔で団らんできる日がくると、僕も信じています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ミチヤ牧師に質問しよう

名前:
メール:
性別と年齢:
本文:

リンク
twitter
Facebook
月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
QRコード
QR